チャムの食事と育児奮闘日記

育児奮闘と食事日記中心のブログです。

『察して欲しい』をなくして冷静に伝える

9/24(土)
早朝、夫が接待ゴルフに出発。
気配を感じたけど寝てるふり。
昨夜は私が急に不機嫌になったので、面倒くさいなぁくらいに思ってるんだろう。

姫の熱は朝に下がってくれて一安心。
でも機嫌が悪く、ママ〜ママ〜と泣いてトイレにも自由に行かせてもらえない。
更に、最近服だけじゃなくオムツの柄にまで強いこだわりをもつ姫に

姫ちゃんオムツどれー?
お母さん分かんないから自分で選んでー。

と言うと、

いや!
おかーしゃんえらんで!

…私にはどれも同じプーさん柄にしか見えないんですけど。

じゃこれ。これ履いて。

これやだ!

じゃこれは?ハートついてるよー。

やだ!これやなの!

次々と不合格になり床に投げつけられる。

朝からイヤイヤが続いて私もイライラマックス。

じゃもう履かなくていい!

思わず怒鳴って姫と同じようにオムツを投げつける。
同時に涙が出てきた。

すると姫が

…やだ!

と言ってオムツを拾い、泣いてる私を見て大泣き。

あー

またやってしまった。

ごめん…姫ちゃんごめん。
お母さんオムツ投げたりしてごめん。
ごめんね。

うわぁ〜ん。
おかーしゃ〜ん。
うわぁ〜ん。

母娘で抱き合いながらワーワー泣く。

朝からオムツ1つで大騒ぎ。

熱が出てふうふういってる時は
心配で心配で

元気でいてくれればそれでいいっ
もう何も望まないっ

と心底思うのに、元気になってワガママが再開すると、その謙虚な気持ちをすぐに忘れて怒ってしまう。

しかも私がイライラしてるのは、どちらかというと姫じゃなくて夫に対してなのに、これじゃあ八つ当たりと一緒だ…。
激しく自己嫌悪。

朝から、怒って、泣いて、反省して

あー疲れた。

朝ごはんは写真撮り忘れ。

大騒ぎの後は何事もなかったようにけろっとして遊び始める姫。
切り替え早いな。
女子だからかな。

最近、私がキッチンで洗い物を始めると

ひめちゃもおしごとしゅるー!

と言って、自分の椅子を一生懸命持ってきて、私の隣に並ぶ姫。

お昼ご飯は姫にお手伝いをしてもらいながら準備。

◆ゆで卵の皮むき
一個はぐちゃぐちゃになったけど、残り3個はきれいにむいてくれた。
◆茹でたおうどんの流水
思ったより水浸しの惨事にならずにできた。
◆切ったトマトのトッピング
赤と黄色のトマトを混ぜて渡したのに、なぜか私には黄色のトマトしか配分されず。

f:id:cham1117:20161001014311j:image
オクラとナスとトマトのぶっかけうどん

姫ちゃんいっぱいお手伝いしてくれたね!
ありがとう。
一緒に作ると美味しいねー。

うん!

姫も満足そう。
これからは余裕のある時はなるべくお手伝いさせてあげたいな。

夫から

熱大丈夫?

とラインあり。

不機嫌な態度をとった以上、ちゃんと説明しておかなきゃと思い、返信ついでに

私が臨月で姫が肺炎になりかかってる状況でも、予定を変える発想がなさそうなのが悲しかった

という主旨の内容を送付。
でも私自身も、姫の状態が安定したと同時に落ち着いてきたので、しつこく言うつもりはないことも追記。
これでサラッとした感じが出るので、こういう追記は大事。

姫のお昼寝中、昨日夜中にメールで愚痴った高校時代の親友から返信あり。彼女も2人目を出産したばかりで色々と大変なのに、いつもすぐに返信をくれる。
さらに、タイミングよく妹からラインあり。早速電話をかける。夫の愚痴も、妹に話すとネタになって楽しいから有難い。

とここで夫帰宅。

妹と話したことでかなり元気を取り戻した私だったけど、夫が開口一番に

今日はすみません。

と言ってくれたことで更に嬉しくなり

いやいや、こっちこそ、嫌味なメールしてすみません。

と素直に謝れた。

夫曰く、今日は代打での参加だったので、キャンセルはしづらかったとのこと。更に、夜の飲み会は最初から行けませんと断ってくれていたらしい。

ちゃんと考えてくれてたんだ。

俺はこんなに色々と我慢してる

とアピールしないのは夫の良い所なのに、それを察してあげられなかったのは不覚だったなと反省。

夜は釜揚げうどんと、夫が手土産でもらったというシュウマイ

f:id:cham1117:20161001014137j:image
丸ごとエビ
カニ
アワビ
フカヒレ

どれもこれもめちゃくちゃ美味しい!
姫もアワビを一個完食。

このシュウマイと姫の早い回復のおかげで今回の一件は早々に丸く収まった。

察して欲しいじゃやっぱりダメだな。
そして感情的に言うよりは、一息ついて冷静にポイントだけサラッと伝えるのがやっぱり効果的。私は口に出すのが苦手だからやっぱりメールかな。
そしてそして、あまりアピールしない夫のことはちゃんと察してあげれるよう努力しよう。